ベトナム観光ビザの取得方法

ビザ不要で入国できる条件

1. ベトナム滞在期間が15日以内であること

2. ベトナム入国の時点で旅券の有効期間が6か月以上あり、かつ、前回のベトナム出国時から30日以上経過していること

3. 往復又は第三国へ出国するための交通手段の切符を所持していること

4. ベトナム法令の規定により入国禁止措置の対象となっていないこと

参照:「日本国籍者に対するベトナム査証免除措置(取扱一部変更)」『在ベトナム日本大使館』

オンラインで取得できるビザ

上記の通り、滞在期間が15日以内ならビザは不要ですが、それより長い期間ベトナムに滞在したい場合、ビザを取得する必要があります。2017年2月よりオンラインでビザ(30日以内の滞在、再入国不可)を申請できるようになっています。

参照:「ベトナムの電子ビザ制度の試験的運用開始」『在ベトナム大使館

申請はhttps://evisa.xuatnhapcanh.gov.vn/からできます。費用は25USドルです。ちょっと怪しいサイトに見えるかもしれませんが、在ベトナム大使館が載せているサイトなのでご安心下さい。詳しい申請方法については、こちらのブログが分かりやすいです。本当は自分で紹介しようかと思っていたんですが、分かりやすい記事があったのでやめました(;^ω^)

イミグレーションで押されるスタンプはこんな感じです。入国時にスタンプともにビザの切れる日付が手書きされます。

アライバルビザ

上記以外の条件の場合、普通のビザをゲットする必要があります。東京の大使館、大阪・福岡の領事館でも取得が可能です。何故か大使館・領事館のホームページに金額が載っていませんが、色々な方のブログを見る限り、後述のアライバルビザよりも高くなるようです。

アライバルビザというのは空港で申請・取得するビザです。といっても、渡航前に何もしなくていいわけではなく、インビテーションレター(招聘状)を入手しておく必要があります。このインビテーションレターは業者に頼むことになると思います。僕は彼女にベトナム側で用意してもらいましたが、もちろん日本の業者でも大丈夫です。

一度ベトナムを出国するとそのビザでの再入国ができないシングルビザと有効期限内なら何度でも再入国が可能なマルチビザの2種類があります。シングルは1ヶ月・3ヶ月共に25ドル、マルチは1ヶ月・3ヶ月共に50ドルです。尚、支払いはクレジットカード不可でUSドル(ベトナムドンでも可能との情報あり)の現金のみとなっており、事前に用意する必要があります。また、顔写真(4×6cm)は持参した方がいいと思います。持っていないと写真代として5ドルが徴収されます

コメント

  1. コムタム より:

    こんにちは、自分もいつかビザを取得して再入国しなければならなくなりそうな勢いですw
    ところで、以前の記事で彼女さんの”知人訪問ビザ”取得に行っていたと思うのですが、
    このビザ取得は結構難しいですか?

  2. ukey66 より:

    いつもコメントありがとうございます。
    これまではビザなしでの渡航だったのでしょうか?あれだけの頻度だとイミグレで質問されたりするんですかね?
    すみません、知人訪問ビザについてはそのうちの書こうと思って放置しておりました^^;近いうちに書かねば・・・
    取得は難しいものではないと思いますよ。招へい理由(経緯)書という名の作文さえできればw

  3. コムタム より:

    自分の渡航は全てビザなしです。
    これまでにイミグレでは何も聞かれたことはないです。
    観光感丸出しの日本人オヤジだからでしょうか?www
    少し前に、ざっと、ビザの事調べたことがあって(ベトナム人→日本へ)、招へい理由(経緯)書のほかに、
    ・ホテルの宿泊証明書
    ・身元保証人
    ・身元保証人の収入証明
    なんかこんなものが結構きびしく審査されるとあったような気がします。
    ななめ読みでちゃんと読んでないので、記憶があいまいでww
    もしかすると、自分が読んだHPの記事のものとは違うビザなのかもしれません。
    このビザについての記事期待しております。
    出来れば、赤アオザイちゃんを日本に招きたいと考えていて・・・
    いつも質問ばかりですいませんww
    また、ちょくちょく訪問させていただきます。
    あっ!それとコメントありがとうございます。
    自分のブログは、訪問者がなかなか増えずコメントもらえなくて寂しい思いをしておりました。
    初コメもらった時はスッゲ-うれしかったです!!
    それでは!

  4. ukey66 より:

    お金に関する書類は、渡航費を負担する側が用意することになります。僕の場合は彼女が銀行の残高証明等を提出しました。日本側が負担する(身元保証人になる)場合は、市役所で所得証明等をもらいに行かないといけません。あと、提出先はベトナムにある日本大使館か領事館なので書類を郵送もしくは持参する必要があります。ニートの僕でもできたのでちゃんとした社会人のコムタムさんなら余裕でしょう(´・ω・`)b
    参考になる記事が書ける自信はないですが、近いうちに書きたいと思います。書類自体は全て写真に撮っております。
    僕もコムタムさんのブログは全記事読んでるので、たまにコメント残させてもらいます。

タイトルとURLをコピーしました